はじめに

  •  【研究の背景・目的】

地盤構造,特に深い基盤の3次元形状を詳細に知ることは,地震動予測を行う上で非常に重要である。地盤構造に関連する物理量には,互いに高い相関を有するものがある。その関係をうまく活用することで地盤構造推定時の制約条件を厳しくすることができるため,ひとつひとつの物理探査手法における精度がそれほど高くなくても,結果的に得られる地盤構造のモデルの精度は高いものとなることが期待される。このような観点から,ひとつひとつの観測コストがそれほど大きくない微動,重力,磁気探査の3つの記録を同時に解析することで高精度に地盤の3次元構造を推定する手法を開発することが本研究の目的である。また,効率よく都市程度の広さの領域での観測を実現するために,重力と磁気については,自動車や無人ヘリコプターを用いて移動しながら同時観測することで,観測の手間を大幅に軽減するための手法を確立する。

  •   【Purpose and Background of the Research】

It is very important to know the deep for estimation of earthquake ground motions.Some of parameters for the ground have physical relationships among them, thus, we can use these relationships as constraints to estimate the ground structure. The constraints will provide the better results than results obtained from individual techniques, even though the accuracy of each survey technique is not so good. From this, we apply simultaneously the microseism, gravity, and magnetic surveys, which are not so costly, to estimate the three dimensional ground structure. Furthermore, for the quick observations, we also develop a new observation technique to carry out the gravity and magnetic surveys using a carrier such as a vehicle and a radio controlled helicopter etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です